体操競技好きです。米田功選手のファンです。


by hontashibuki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

呪縛から解き放たれるとき。

皆様のところにサンタクロースからの当り馬券は届いたでしょうか。

第50回有馬記念

詳しい成績、配当はコチラをご覧下さい。

無敗の三冠馬・ディープインパクトが無敗の四冠馬になる瞬間を見ようと中山競馬場に詰め掛けた観客は総勢15万人あまり。
競馬に絶対はないという人も、ディープの勝利を信じて疑うことはなかったでしょう。
ワタシもその一人でした。
そして誰より鞍上の武豊騎手がそれを望んでいたはず。
でもその当人はこのグランプリの勝利はあのオグリキャップ以来ないのだそうです。
2着はかなりの頻度であるそうなのですが。まあ不安といえばそれと初めての古馬(馬齢4歳以上)相手のレースであったこと。
 ●
で、レース当日。馬体重はこれまでで最軽量の440㌔。
デビュー当時よりも軽くなってるじゃないですか。
それでも誰もこの馬の勝利を信じて疑わない。皆この馬の勝つところを見たいのだから。
ダービーの直線で、ナリタブライアンと同じ走りを見せた馬が負けるはずがない。
単勝支持率60%超、オッズは1.6倍。今年ぐらい“絶対”があってもいいだろう。
 ●
ゲートが開いて2分31秒後、彼の単勝(1着)馬券が只の紙ふぶきに変わり、悲鳴とも怒号ともつかない観客の声が競馬場を覆う。
やはり競馬に絶対はなかったんですね。
 ●
1着ハーツクライ(心からの叫び)、2着ディープインパクト。(激しい衝撃)。
敗れてなお衝撃を残す、といったところでしょうか。(あら、いつぞやの誰かと同じじゃないの)

飛ばなかったディープインパクト=有馬記念(sports navi・コラム)

“無敗”の足枷が取れた3冠馬は、次のレース(3月・4月あたりかなー)で飛ぶような走りを見せてくれるのでしょうか。
[PR]
by hontashibuki | 2005-12-29 04:12 | その他スポーツのこと