体操競技好きです。米田功選手のファンです。


by hontashibuki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

so cool !

先日の朝、各局のスポーツニュースを見ながら、「朝日スポーツ賞」のチェックしておりました。
ズームイン朝!と朝ズバッ!で見ることが出来ました。
 ◆
ズームインでは受賞者7人がレリーフを持って着席しているところ。
冨田選手が隣りに座っている為末選手と何か話をしてるように見えたのですが、気のせいでしょうか。。。。
 ◆
朝ズバッ!では7人(?)銘々のバストアップの映像が。
彼のアップを見るのはなんと久しぶりなこと。朝からいい目の保養が出来ました。)^o^(
「早起きは三文の徳」とはよく言ったものですね。
 ◆
この日はお仕事のために早々に家を出ました。その余韻に浸りつつ。
で、お昼ご飯を買うために入ったコンビニで朝日新聞も購入しました。
 ★
朝日スポーツ賞の冨田「今後も美しい体操目指したい」(asahi.com 06/01/31)
 ★
紙面もおよそこのような感じでした。写真も同様。
でも!やはり…と申しましょうか、映像ニュースがアップされておりました!
ファンの方は当然チェック済みですよね!
 ★
朝日スポーツ賞贈呈式 野茂氏ら7人に(asahi.com ビデオニュース 06/01/30)
 ★
世界選手権の映像もしっかり使われております。その勇姿とともに彼の今の姿、肉声をお聞きくださいね(すごく貫禄っちゅうか落ち着きが出ている喋りです)。
 ★
受賞者のコメントの中の「あげたらあげっぱなし、というのではなく、その選手・競技のフォローをしてもらいたい」といった趣旨の野茂氏の言葉が胸に突き刺さります。
“賞”というのは本来その人の歩んできた過程を評価するもの。
ワタシはその過程が結実した瞬間しか見ることはできないけれど、そのことは忘れないでおこう、そう思うのです。
受賞者は「苦しい過程を経てきた人たちの代表」なのですから。

=====♯=====

少し前、日本スポーツ賞の授賞式の記事に「合宿先のアメリカから帰国したばかり」といったことが書かれていたように思ったのですが…。
「あれ、この時期に合宿てなんなの?」と思いましたが、実はこういうことだったんですね。
 ◆
日米合同合宿レポート(日本体操協会 06/01/30)
 ◆
そういえば03年の合同合宿のことが記事になってような。
それで「今年はアメリカで」っていうことになったのかしら。(←あまり確かめもせんと…)




=====♯=====

水鳥選手がブログを持っていて、徳洲会HPにリンクされていることは、ファンの方ならばすでに周知のことでございますね。
 ●
いいですねえ。ブログまで“癒し系”入ってますよ~。

なんだか見てるほうが幸せになっちゃいますね~。(^ー^)
[PR]
by hontashibuki | 2006-02-01 16:34 | 体操のこと