体操競技好きです。米田功選手のファンです。


by hontashibuki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

嵐の前の静けさ。

今こちらは雨は降っていません。
午後7時ぐらいまではよく降ってましたー。やっと梅雨らしい梅雨が来たっつー感じでしょうか。



━━━━━◆━━━━━

さて、こんなニュースがアップされています。
 ★
シドニー五輪体操代表の斎藤がコーチに(nikkansports.com 06/06/15)
 ★
ファンにとっては「おお、やっとか」といった感じのメディア報告。
いつぞやはワタシも便乗させていただきました。(^ ^;)
まだなぜか所属のセントラルスポーツの発表がないのですが。
いずれあるのでしょうね(多分)
 ★
冨田選手ファンの方にこの斎藤良宏さん(←6年前の斎藤さんです。)のお話をしたところ、「(斎藤さんが)セントラル顔だと思ってましたー」と仰ってました(笑い)。
もしかして、「日体大→徳洲会」という感じの繋がりと同様の「順天堂大→セントラル」そんなコネクション(?)ができているのでしょうか(と勝手に思う)。
 ★
多分北京で自身が見ることのできなかった光景を見ることができるでしょう。

━━━━━◆━━━━━

ところで、2次予選まであと二日あまり。
今は嵐の前の静けさ、、、と言ったところでしょうか。
先日(15日)会見が行なわれました。関連の記事もメディアにアップされています。内容は同じですので代表で1つ(+協会分)にしておきます。
 ★
体操の冨田らが抱負(デイリースポーツ 06/06/15速報)
第39回世界選手権2次予選レポート(大会直前レポート)(日本体操協会 06/06/15)
 ★
48人から24人に。
デンマークへ行くにはまずはこの最初の篩いに残らないことには始まらない。
ルールが思い切り変わって、厳しい戦いが予想されます。
 ★
この会見の冨田、水鳥、塚原3選手の言に共通してあったのが「Aスコアをあげることよりも、Bスコアをいかに落とさないかが重要である」ということ。
A得点でいくら上積みしても、B得点で減点が積み重なるとA得点の上積みが意味を為さなくなる…ということなのでしょう。
そしてA得点を上げることで消耗される体力。それによって「体操ニッポン」のモットー(?)とするところの「美しい体操」が損なわれる可能性は推して測るべし。
フィギュアスケートで言うところの「『総要素点(テクニカルエレメンツ≒A得点)』をあげる」よりも「『芸術点(プログラムコンポーネンツ≒B得点)』を落とさないこと」を意味するだろうと思われます。(一応フィギュアのルールの参考記事を上げておきます→コチラ(1月26日から30日の部分です))
 ★
今までフィギュアスケートでよく聞かれた「○○選手、パーソナルベスト更新です」とか「世界(日本)新記録です」なんて耳馴染みのないアナウンスがでたりするのでしょうか(思い切り不釣合いだなあ…)。
あ、まだ出ないか!f ^ ^;。 選手達がみな個人総合のある大会に出たわけじゃないですものね…。

第39回世界体操競技選手権大会第2次選考競技会兼第15回アジア競技大会第2次選考会(←正式の大会名です。長い!ですが)の開かれる千葉ポートアリーナ辺りのお天気はどうなんでしょうね。

晴れてくれることを祈りつつ!!!決戦の場に鬱陶しい天気は似合わないっしょ!

┏★━━━━
観戦される方々へ。あの選手(わざとらしい)の、奮闘振りも注目してみてください。
そんな彼を見て「ガンバー」と声をかけるひとがいるかもしれない…
(いないって、そんな人)。
で、ご報告してもらえたらなーなんて勝手に思ってます。!(^ ^)!。

嵐が吹き荒れるか、もしくは平穏な感じで収まるのか。
自宅でパソとにらめっこしながら待とうと思います。

皆がその時の始まりを今や遅しと待っている…!
[PR]
by hontashibuki | 2006-06-15 22:55 | 体操のこと