体操競技好きです。米田功選手のファンです。


by hontashibuki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

恋は水色

実はこの日曜日に髪を切りました、と言っても5センチ程度なんですが。
しかも髪型に大した変化なし。

母曰く「そんなん切ったうちに入るかー!」なんですが。
ワタシ的には結構勇気のいった話…なんすよ。
たまに切りに行くと、思ったよりも沢山切られてショーーックなんてこともよくあったりして。

母曰く「アンタは短い方が似合うのに…」だそうで。
ええ、大昔はベリーショートでしたよう(似合っていたかどうかは不明)。
今はセミロングしかもストレート。一旦伸ばすと、切るのが億劫というオマケ付き。

母曰く「短い方が涼しいのに」ですって。
要するに見た目なのね。

母曰く「洗うのも楽でしょうに、いっそ刈り上げたら?」って。
確かにそうだけどっ、刈上げだけは絶対イヤやよーだ。

母曰く「髪なんてすぐ伸びるし」って。
もーほっといてんかー!

ワタシのこの頑な(つーか頑固)な気持ちを変えてくれるのは、誰だろう何時だろう。
「切ってみたら?」他人様に言われたらころっと変わったりして。



今「団塊の孫世代」、属に言われる「団塊JJ(ジェイジェイ)」の女の子が「水色のお洋服をお好み」なんだそうです。
 ★
「団塊」ってなんじゃー。調べました。
団塊の世代…第二次大戦後のベビーブームに生まれた人たちのこと。
団塊ジュニア…団塊の世代の人たちの間に生まれた子供達。キムタクやホリエモンがこの世代の代表なんだそうです。
 ★
ファッション:団塊Jrのジュニアは水色気分(毎日新聞 06/07/08)
 ★
ワタシも↑の記事のような経験があったりします。
ワタシの親の世代だと女の子なら赤、という固定概念(でいいのかな?)がありまして。
確かに赤、ピンクかわいいんやけど。
やたらと女の子女の子しているのが、ちょっと…。
 ★
今の女の子はすごく自己主張するんですね。
ワタシが7歳8歳の頃なんて、親の買ってくれるものが全てだったから意見のしようもなかったなあ。
というよりもファッションよりも興味を持てる対象が多かったですね。
その反動が大人になった今来ています。今頃「反抗期」(いい意味で)って?
 ★
自分でお金が稼げるようになってからはやたら青とか水色とか緑とか。
女の子を感じさせない、正反対の色のお洋服を買っていました。それも無意識のうちに。
気が付けばワタシのワードローブ(そんな洒落たモンじゃないけど)はそういった色合いになっていました。(今も大した変化なし)

でもあまり好きでなかった(というか)避けてきた赤とか、ここ数年結構好きになってきました。
理由は…。言わなくてもよろしいでしょう…ね。ある6人組のおかげです。
[PR]
by hontashibuki | 2006-07-11 00:03 | 日記的語り