体操競技好きです。米田功選手のファンです。


by hontashibuki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

これしかない

この間、Number増刊「中田英寿」を本屋さんでぱらりと見て、ふと目に入った巻末エッセイ。
 ★
このエッセイの中で彼が発した「俺みたいなタイプ(の性格の人間)がどうして団体競技を選んでしまったんだろう」という自嘲らしき文言。
そして「だけど俺にはこれ(サッカー)しかなかった」という前の言葉を打ち消すようかの文言。
どちらも彼から発せられたことは紛れもなくて。
そしてどちらも彼の本音であることは間違いないわけで。
 ★
でも彼がどのようにしてサッカーと出会ったのかをワタシは知りません。
今度この号を買ってちゃんと読んでみようと思います。



この中田英寿選手の本音を引き出した著書を多く著している、ノンフィクションライター小松成美さん。Number増刊号の巻末エッセイも担当してらっしゃいます。
エキサイトで「アテネオリンピックの現地レポートをアップしてくれていた人」とワタシは認識しています。
読んでいて、不思議な高揚感を得られたのを憶えています。
 ★
色々な雑誌に小松さんが担当するインタビュー記事が掲載されていますが、この雑誌は少々毛色が違う感じがします。
JALの機内誌である「SKYWARD」という雑誌
JALのヘビーユーザーであれば必ず目にしていらっしゃると思います。
あまり飛行機に載った経験のないワタシは当然見たことも聞いたこともありません。
 ★
小松さんが担当している「アスリートインタビュー」。
様々なアスリートがこの雑誌を彩っていますが、2006年6月号やっと、体操選手の登場となりました。
世界一体操に没頭する男、冨田洋之選手です。
 ★
コーナーの1ページ目の写真がとても目を引きます。
Number614号のグラビアからおよそ1年半。
これに勝るとも劣らない、一層研ぎ澄まされた混じり気のない肉体を見せてくれています。
モノクロの写真だから余計にぞくっとするのかもしれません。
やっぱり人間の肉体は白黒の方が輪郭がぼやけて美しく見えますね。
 ★
そのモノクロの写真とは対照的にインタビュー本文の文字は原色。
写真と文字の配色がこれほど微妙なバランスを取り合っている記事もそうそうな気がします。
コーナーそのものの創りも秀逸です。

小松さんが冨田洋之という人を何処まで饒舌にしてくれているか。
お知りになりたい方、バックナンバーの購入も可能ですよー。
[PR]
by hontashibuki | 2006-09-02 00:54 | 体操のこと