体操競技好きです。米田功選手のファンです。


by hontashibuki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

目が覚めるとき。

あくまでもこちらは見る側。



来年の選手権の選考に際し、オールラウンダー、スペシャリストどちらに重きを置くかを協会の方々が議論をしてくださいます。
 ◆
体操ニッポン、スペシャリスト育成急務(nikkansports.com 06/10/24)
【体操】日本選手団が帰国、北京五輪へスペシャリスト必要!
(SANSPO.COM 06/10/24)

 ◆
団体戦があるときは個人総合上位4名+種目別ポイント2名の布陣で臨んでいるのは、少なからず聞いたことがあると思います。
アテネオリンピック、そして今年の世界選手権。同じ選考方法です。
(※去年は団体戦がなかったので個人総合上位2名+種目別ポイント4名の選考)
 :
団体戦があるから4+2の選考方法に(多分)迷いはなかったと思います。
NHK杯3位の中瀬選手が個人総合の決勝で6位という結果を残したのですから、明らかな間違いではないなあ、と感じるのです。
比重を変えるのか、ポイントのつけ方を変えるのか、色々と方法はあるでしょうが、それを決めるのはあくまで協会の方です。
 :
それが詳らかにされるのは来年の2次予選。世界で戦うための知恵比べも同時に始まってるんですね。
 ◆
今年の国内大会で実施点の減点がかなり厳しくされていた、と聞いたことがあります。
これに0.2を足した点数が主要な国際大会の点数であろうという見方があったそうです。
この世界選手権でも厳しい減点が成されるかと思いきや、そうではなかったらしいのです。
日本から見て甘かっただけなのか、国際的に見て甘かったのかはわかりません。
読売ウィークリー06年11月5日号のスポーツコラムでもこの世界選手権のことが触れられています(「いくちま」さんのコラムです)のでご一読を。

========★========

頭がガチガチになりそうなので少し話題を変えて、と(たいして変わらんかも)。
選手たちの周辺のニュースがアップされてます。

W杯シリーズ・ファイナルに関するニュース。
 ◆
冨田が平行棒で5位に 体操の世界ランキング(スポーツナビ 06/10/25)
 ◆
冨田洋之選手が種目別・平行棒で銀メダル、鉄棒で4位。森赳人選手が平行棒で7位、鉄棒で6位。と入賞したことはご存知だとは思います。
世界選手権の種目別決勝で入賞したことで各々にW杯シリーズのポイントが種目ごとに加算されるのです。(ポイントやその他に関する詳しいルールはコチラをご覧下さい)
これで12月16・17日に開かれるW杯シリーズ・ファイナルに出ることのできる8選手が「ほぼ」決まったかと思われます(アジア大会が終わった時点で確定するので断言はできませんが…)。
 :
世界選手権が終わった時点で冨田選手が平行棒で100ポイントを加算、5位と躍進したのです。10月25日時点でのランキングはコチラ(pdfファイルが開きます)でご確認を。

そのアジア大会に関するニュース。
 ◆
【アジア大会】日本選手団として628人を派遣(SANSPO.COM 06/10/27)
 ◆
主将が競泳の北島康介選手、旗手がレスリングの吉田沙保里選手で日本は決定したのですが……。
 ◆
アジア大会ベッド120人分足りず JOC困惑(asahi.com 06/10/24)
日本選手眠れない!?ア大会選手村ベッド数120人分不足
(スポーツ報知 06/10/24)

 ◆
なんだか笑えないニュースでございます(T0T)。寝る場所ないやなんて。
参加選手が予定よりも3000人多いというのですが、その対応がなんとも……。
選手を送り出す側と受け入れる側との温度差みたいなものでしょうか。
ありがちな話といってしまえばそれまでですが…。

北京オリンピックのこと。
 ◆
競泳、体操は午前決勝 北京五輪、米テレビに配慮(Sankei Web 06/10/26)
 ◆
前々からそんなお話は出ていましたが、やっぱり。
団体決勝と個人総合決勝が午前中に始まることで決定したそうです。
北京時間午前10時開始だと、アメリカは北米時間のゴールデンタイムの時間帯(夜の9~10時くらい?)に生放送できるのです。(日本時間だと午前11時)
とんでもない要求をするもんですねえ。ホントに選手が蔑ろにされてるような。
IOC側がアメリカの放送局の要求を呑んだ恰好になったというのですが、ソウルオリンピックでも午前決勝があったようです(全然憶えてない…)。
東アジア圏でオリンピックがあると、こういった「午前決勝」対策もしなくてはならないんですね。厳しいなあ。
[PR]
by hontashibuki | 2006-10-27 06:50 | 体操のこと