体操競技好きです。米田功選手のファンです。


by hontashibuki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

その男(達)、純粋につき。

そう、彼らは純粋。
こちらが羨ましく思えるほどに。



4月21日放送のトップランナーは、年毎に風貌も演技も洗練されていく26歳の青年が主人公。

「エエ人」――水鳥寿思選手です。

ファンであれば多少なり聞き及んでいるであろうここまでに至る平坦ではない道程。
…でも、彼が岡山の関西(かんぜい)高校を選んだ詳しい理由は初めて聞きました。
 ★
冨田洋之選手や鹿島丈博選手のとてつもない演技を、中学生の時期に目の当たりにしたこと。
同い年にとんでもない奴ら(失礼)がいたものですね。
でもこの2人の存在を知ることが、静岡からの巣立ちを促す一助になるとは。
彼の闘争心に火をつけたのか向上心を煽ったのか、は定かではありませんが。。。
 ★
どちらにせよ、体操を始めて訪れた初めてのターニングポイント。
その時“チャンス”を掴んでいなければ、今の彼が世界と戦う己と出会えていたのか。
そして今、ワタシたちファンが彼の存在を知ることが出来たのか。
――などと思ってしまうのです。
 ★
だからと言ってそこから順風満帆、というわけにもいかない。
ま、「そこから先の話」は、寿思選手ファンにとっては「基礎知識」の範囲内だと思いますので、省略させてもらいますね。
「そこから」の紆余曲折が一層彼を伸びやかにしなやかに見せてくれているのでしょう。
泥から這い出てきれいな花を咲かせる睡蓮のように――。
 ★
水鳥選手のアテネでの活躍、その他は、Number610号618号に詳しく書かれています。(特に618号が詳しいです)
ご参考までにどうぞ。(と言っても3年近くも前に出版されたものです。出版社に在庫があるかどうかは保証の限りではありません…)
 ★
ところで、アルバムの彼、めっちゃカッコいいですなー!ページを開いた瞬間「なにごと!」って。
あの時以来の衝撃でございますな~#^^#
 ★
いつかきっと遠くない未来、米田功選手にもオファーあって欲しいものです、のこと。
もし、そんなことがあったらはじけまくりますよ!(いい年したオンナが)
胸の奥がざわざわしてしょうがありませーん。

━━━━━◆━━━━━

東京タワー(じゃなくてロードマップ)の話が出てきましたね。
収録後、家のテレビであのお話(というかドラマ)を見ながら、泣いていました。
しぶきは暫く切ない気持ちでおりました。

そういえば作者のリリー・フランキーさんの原作アニメ「おでんくん」にも出てきますね、東京タワー。(見たことのある人にしかわからんかも…)
結構面白いですよー。
因みに主人公のおでんくんの声はトップランナーのMC本上まなみさん。
なんだか、ゆるゆると「おでんくん」「トップランナー」がリンクしちゃってます。

今度東京に行ったら、六本木あたりから東京タワーを見てみようかな…道が判れば(←大丈夫か?)
[PR]
by hontashibuki | 2007-04-22 08:09 | 体操のこと